ウォーターサーバーの売れ筋商品情報

ウォーターサーバーの賞味期限

ウォーターサーバーの水は、天然水とRO水の二種類があります。そのどちらかで、賞味期限が違っています。賞味期限の間に使いきってしまわないと、味や品質が劣化してゆきます。理想的なのは開封後1ヶ月で使い切ることです。防災用にも役立つことから、ちょっと多めにストックしている人も多いのですが、古いものから順に使うことを心がけているようです。


<RO水に設定される賞味期限>

RO水は逆浸透膜によって濾過された純水に近い水です。菌やチリ、化学物質なども取り除かれていますので、安全性が高いとされています。そのためボトリングされたRO水は賞味期限が長く、おおよそ1年に設定しているモノが多いでしょう。防災用のストックに用いるのであれば、RO水を使ったウォーターサーバーが適しています。


<自然水の賞味期限>

ウォーターサーバーに使われる自然水は、殺菌処理や外気に触れないシステムによってボトリングされていますので、菌や異物の混入の心配はありません。しかし往々にして賞味期限は短く設定されています。ウォーターサーバー個々の使われている自然水にもよりますが、未開封状態で2週間から3ヶ月に設定されているものがよく見られます。