ウォーターサーバーの売れ筋商品情報

ウォーターサーバーを比較して選ぼう

ウォーターサーバーを決める時には、色々比較をしてから決めるのがいいですよ。
それぞれのメリットやデメリットについて調べて見比べてみることで、きっと気に入るものを見つけられるはずです。
比較するポイントは人によって違ってきますが、デザインとか料金、品質や知名度・・・いろいろあります。
検査の仕方もその業者により違いますから、最初は情報を収集した方がいいですね。


ウォーターサーバーは置き場所に困る?

ウォーターサーバーは大きいから置き場所に困ってしまう・・・と思っている人も多いのでは?
でも、最近のサーバーはコンパクトなものが出てきていますので、場所をあまりとらずに置けます。
心配な方は、実際に大きさを確認してメジャーで測ってみることをおすすめします。
キッチンに置いたりリビングへ置いたり、置き方は自由なのでまずは大きさを確認しましょう。


迷ってしまったら・・・

もし、どのウォーターサーバーにしようか悩んでしまったら資料を請求してみるのがいいと思いますよ。
資料には詳しいことが書かれていますので、詳しく知ることが出来ますし写真なども掲載されていますから分かりやすいです。
お電話にて質問をして確認してみる、というのも一つの良い方法だと思います。
また、無料でウォーターサーバーをレンタルすることが出来るところもありますので、そういったものを利用するのもいいですね。

ウォーターサーバーを使って日常生活を向上させていこう

食品や飲み物に対してとても気を遣っている人がいますが、中にはあまり気にしていないという人もいるようです。
衛生問題についてしっかり考えている人の中にはウォーターサーバーを契約している人もいるようですが、どんな時に利用できるのかあまり分からず飲み水としてしか利用していない人も見られます。実は、ウォーターサーバーの使い方は様々で多くの場面で活用することが出来ます。飲み水として利用するのも良いのですが、他にも料理や赤ちゃんのミルクなどに使う事も可能です。厳しい検査をクリアしたお水なので、小さな子供でも安心して飲むことが出来るのです。日常生活にウォーターサーバーを取り入れることで、少しずつ日常が変わってきますから、是非家庭にサーバーを取り入れてみませんか?サーバーには身体を内側から綺麗にする効果もありますので、特に美容を気にしている女性にはおすすめです。健康を意識している男性にもおすすめですよ!


ウォーターサーバーを使って美味しい料理を

サーバーのお水は美味しくて安全なので、料理に使用することも出来ます。
一番ウォーターサーバーのお水を活かすことのできる料理は、やはりスープ系です。カレーやシチュー、お味噌汁やポトフなどのスープ系料理なので、非常にオススメです。もちろん、他の料理に使用することも可能です。実際ウォーターサーバーを利用している人達は、お味噌汁やご飯を炊くときにお水を利用しているみたいです。普段よりも美味しいごはんやお味噌汁を味わう事が出来るという事で、人気を集めています。また、時間短縮のためにウォーターサーバーのお湯を利用して何かを煮込むという事も可能ですから、とても便利で頼もしい存在です。家族で過ごしている人にはこういった使い方がおすすめですね。料理が好きという人にもおすすめなので、一度ネットで検索して気になったものを見つけたら、その業者に問い合わせて資料請求してみてはいかがでしょうか?


ホッと一息つくためにも利用できる

料理に使う事が出来ると紹介しましたが、お湯も利用することが出来ますから温かい飲み物を飲むときにも重宝します。
本来でしたらお湯を沸かさなければならないので時間がかかってしまいますが、ウォーターサーバーはすぐにお湯を使う事が出来ます。好きな時にいつでもコーヒーや紅茶を飲むことが可能なので、ホッと一息つきたい時にも便利です。夏場はあまりお湯を使う事はありませんが、冬は寒いので温かい飲み物が恋しくなります。そんな時、あっという間に飲み物を準備することが出来るので嬉しいですよね。その他、突然来客時にもすぐ温かい飲み物を出すことが出来るという点でも、ウォーターサーバーは頼もしい味方です。子供がいたずらなどをして火傷をしないようにチャイルドロック機能も完備していますから、安心して利用することが出来ます。機能にも工夫がされていますし、おしゃれなデザインも増えてきていますので、ご覧になってみてはどうでしょう!

その水に溺れたいウォーターサーバーゼリー

届いたクッションのような見た目の水袋に、一度ダイブしてみたいと思ったことはありませんか。私はあります、あのプヨプヨとした天然水の海に入ったら、それこそ天国のような心地よさを味わうことが出来るのではないかと。まるでプリンで作られた布団に横たわり、その記事を食べながら微笑むあの感覚。
なんていう現実が叶う訳もないため、私はウォーターサーバーの水でゼリーを作り、その美味しさを体験してみました。


砂糖がなくても美味しい水ゼリー

トマトが爆弾に、豆腐や白米が底なし沼に、味噌汁が死海になるという程の料理ベタでも大丈夫。とにかく水を湯煎して寒天かゼラチンを溶かし、冷蔵庫でじっくりと冷やすだけで良いのです。ああなんということでしょう、冷蔵庫に入れていたゼリーがコンクリートになっている。そんな時にはそれは捨てて、もう一度チャレンジしてみて下さい。次は前回入れた寒天やゼラチンの量を3分の1に減らして下さい。それで固まり方がゆるくてベシャベシャになったという場合は、少しずつ量を足して確かめてみてください。


ウォーターサーバーは気兼ねなくゼリーに出来る

水道水をそのままゼリーにするということに抵抗がある方は、とても多くいらっしゃいますし、私も嫌です。しかしウォーターサーバーの水であれば、そんなこともお構いなく沢山ゼリーにすることが可能です。設置するための費用も無料ですし、水自体もとても安い金額で手に入れることが出来るのでおすすめなのです。

ちなみに私が作った水ゼリーはプルンプルンになり、食べた感じはわらび餅のような味と感触となりました。美味しい水ならそのままでも充分美味しい水ゼリーですが、飽きたら黒蜜やきなこをかけてもとても美味しい和のスイーツになります。色々なアレンジが出来るので夏場でも冬場でもぴったりのおやつです。

ウォーターサーバーの賞味期限

ウォーターサーバーの水は、天然水とRO水の二種類があります。そのどちらかで、賞味期限が違っています。賞味期限の間に使いきってしまわないと、味や品質が劣化してゆきます。理想的なのは開封後1ヶ月で使い切ることです。防災用にも役立つことから、ちょっと多めにストックしている人も多いのですが、古いものから順に使うことを心がけているようです。


<RO水に設定される賞味期限>

RO水は逆浸透膜によって濾過された純水に近い水です。菌やチリ、化学物質なども取り除かれていますので、安全性が高いとされています。そのためボトリングされたRO水は賞味期限が長く、おおよそ1年に設定しているモノが多いでしょう。防災用のストックに用いるのであれば、RO水を使ったウォーターサーバーが適しています。


<自然水の賞味期限>

ウォーターサーバーに使われる自然水は、殺菌処理や外気に触れないシステムによってボトリングされていますので、菌や異物の混入の心配はありません。しかし往々にして賞味期限は短く設定されています。ウォーターサーバー個々の使われている自然水にもよりますが、未開封状態で2週間から3ヶ月に設定されているものがよく見られます。

ウォーターサーバーで起こしやすいトラブル

ウォーターサーバーは非常に便利で、温水や冷水も直ぐに利用できますが、トラブルがゼロというわけではありません。そこで、契約した後にトラブルになりやすいことをきちんと把握して、ウォーターサーバーを選びましょう。


ウォーターサーバーのメンテナンス

ウォーターサーバーにはメンテナンスが不要のサーバーも多く出ていますが、中にはサーバーを数年に一度、交換してくれるサービスを行っている会社もあります。水が臭うなど多くのトラブルは、コック部分が汚れてしまうことが原因なのだそうです。マメに掃除を行うようにしましょう。またサーバーごと交換などを行ってくれる業者であれば、そのときに値段がどのくらいかかるのかなども確認しておきましょう。


無料お試し期間などで実際に使ってみよう

ウォーターサーバーの水は一か月に発注する最低の本数が決まっています。そこで、実際にどのくらいのお水を消費するかを、無料お試しキャンペーンなどを行う会社で確認してみましょう。水をそこまで消費しない場合、水ボトルがどんどんたまってしまう、なんていうこともあるかもしれません。また、解約するときにお金がかかってしまうといったトラブルもあります。解約料金の仕組みなども知ってから契約することでトラブルを防ぐことができるかもしれません。

ウォーターサーバーで美容も完璧

ウォーターサーバーでは低温で殺菌処理した自然の恵みが詰まっている天然水や、海水を真水に変えるプロジェクトなどでも利用されている特殊なろ過技術を使って、ろ過したRO水と呼ばれる2種類の水を利用しているそうです。最近、水が美容効果で非常に大きな役割を担っていることがわかったそうです。


ウォーターサーバーの美味しい水でダイエット

もうすぐ3月になりますね。春になると気が付くのが、冬の間についてしまった無駄な肉です。なるべく早めに、できれば夏までに贅肉を落としてしまいたいと思いませんか?ダイエットは食生活から変えること、とわかっていても難しいという人には、まずお水をたくさん飲むということをおすすめします。体は半分以上が水分でできています。


少しずつ、一日飲むことが大事

一気に大量の水を、少ない回数で飲むよりも、多い回数で、少しずつ水を飲むといいそうです。朝起きたときには身体が渇いていますから、コップ一杯程度を、仕事中などは少しずつ水を摂取しましょう。空腹時にご飯を食べるときには、グラスに1杯、お水を飲むようにすると食べ過ぎを自然に防いでくれる効果もあるそうです。水を取ることでお通じも調子が良くなる人も多いそうです。まずは体内をきれいにして、運動などと上手に合わせて、ウォーターサーバーできれいな体を手に入れましょう。

ウォーターサーバーで衛生面も安心

ウォーターサーバーを利用する家庭や、小規模オフィス、ホームエステなどが増加しているそうです。美味しいお水が常に飲めること、ボトルのストックがあれば、緊急災害時でも飲み水の確保を簡単にできることも、人気の理由だと言われています。ペットボトルではなく、ウォーターサーバーが人気なことには、衛生面でも理由があるそうです。


ウォーターサーバーは水が悪くなりにくい

ウォーターサーバーでは、コックの部分に工夫をし、逆流する空気がなるべく少なくなるように、空気がどうしても入ってしまう場合でも、空気洗浄フィルターを追加するなどの工夫をして、内部のお水が汚れない工夫が施されています。そのため、一度開封すると水がどんどん傷んでしまうペットボトルと違い、非常にクリーンな状態で、長期間水を楽しむことが可能なのです。


ボトルは再利用型と使い捨ての2種類

ウォーターサーバーで利用する水ボトルは、使い捨てタイプが増加しています。しかし、リサイクルボトルと呼ばれるものもまだ普及しています。空になったものは捨てるほうが楽だという人は、使い捨てタイプのボトルを利用する会社を選ぶといいでしょう。再利用するタイプでも、配達のときに空ボトルを回収してもらえますし、回収ボックスのようなものを借りることができると言われています。

ウォーターサーバーのお水で料理を

ウォーターサーバーの水は柔らかいお水です。日本で摂れるお水は昔から、軟水と呼ばれるお水なのですが、実は日本料理も、この水の特性を生かしたお料理だということを知っていましたか?ウォーターサーバーで美味しいお水を飲むだけでなく、ぜひ料理にも活かしてみてください。


ウォーターサーバーで美味しいおでんを

コンビニで買うもの、というイメージもありますが、おでんを自宅で仕込むのはそんなに難しいことではありません。出汁の味を生かす料理の代表格ですから、ウォーターサーバーの水のように不純物が含まれていないお水を利用すると、もっと美味しくなると言われています。水道水も、沸騰させれば塩素などはなくなると言われていますが、おでんのような煮込み料理は、沸騰させずに出汁をずっと煮ることで味をしみさせていくものです。


オイスターソースが決め手

ウォーターサーバーの水を鍋に入れたら、まずはこぶをいれましょう。昆布は水から出汁を取りますが、いれっぱなしにして食べることもできます。最初は強火でも構いませんが、沸騰する直前に火をとろ火にして、ぐつぐつ言わせないことがコツです。ここにカツオなどの出汁を追加し、ティースプーン一杯程度のオイスターソースをいれましょう。こんにゃくはこの出汁を別のボウルなどにとり、漬けておき、最後に温めるときに合わせることで固くなることを防ぐことができます。

ウォーターサーバーのメリットについて

ウォーターサーバーを利用する上で知っておきたいのが、やっぱりメリットだと思うのですがどう思いますでしょうか?
メリットは、重たいペットボトルを持つ必要が無いので女性の方でも安心して使う事が出来るところだと思います。
他にもスーパーなどで購入するよりも比較的にお安くなっていますので、経済的にも良いかと思いますし、お湯も使う事が出来ますのでお勧めだと思います。


ウォーターサーバーを活用してみよう

ウォーターサーバーはお水とお湯の両方を使う事が出来ますので、それぞれ使い分けてみるのも良いかと思いますよ。
お水でしたら炊飯やお味噌汁などのお料理の際に使ってみますとか、お湯でしたらお茶やコーヒーを飲む際に利用されてみますとか。
色々な用途がありますので、非常に便利で頼もしいかと思います。
検査もされていて味も美味しいですので、安心して利用することが出来るかと思います。


小さなお子さんがいる方も安心

ウォーターサーバーにはチャイルドロックというものが設置されていますので、お子さんが誤ってレバーを引いてしまっても火傷したりしないようになっています。
ですので、小さなお子さんを抱えている方も安心してご自宅にウォーターサーバーを置くことが出来て良いかと思います。
こういった機能がついていると本当に安心できますよね。